本文へスキップ

鹿児島市小川町、循環器内科、痛みの治療専門クリニックです

電話でのお問い合わせはTEL.099-210-7890

〒892-0817 鹿児島市小川町22-6 2階

穏やかながん治療medical info

穏やかながん治療

アイコン免疫賦活 ピシバニール、クレスチン、漢方薬を用いて
神様(創造主)が病気を治すために備えて下さった免疫力(白血球、リンパ球)を強化します

BAK療法ご希望の方はきぼうの杜クリニック
提携して当院BAK療法を受けていただけます
BAK療法について動画でご覧いただけます

セルメディシン(株)社自家がんワクチンをご希望の方は同社のホームページで概要をご覧ください。
それぞれの治療は厳密な適応基準に従って可否を判断しております。希望者全員に施行するわけではありませんので、悪しからずご了承下さい。
アイコン抗がん剤 抗癌剤治療は行っておりません。
しかし、他医で抗がん剤を投与されている方に対して、適切な漢方薬を投与することで抗がん剤の副作用を減じる試みを行っております。
アイコンQOL向上 漢方薬、灸を用いて
ガンと戦うあなたの生活の質
QOL向上を目指します


※セカンドオピニオンは有料です
当職は
特定の治療
患者さんを誘導したりすることは行いません
患者さんに医学知識・情報を提供し
ご一緒にこれからを考える外来です
健康保険はご利用いただけません
セカンドオピニオン外来は
夕方行います

日時は相談の上決めますので


電話予約をお願い致します
рO99−210−7890
電話受付は業務時間内にお願いします


HP内リンク

アイコン 循環器 アイコンペインクリニック
アイコン手の甲の鍼治療 アイコン漢方薬 アイコン小外科手術
アイコン穏やかなガン治療 アイコンがんワクチン
アイコン免疫治療BAK療法




私の父は昭和62年8月、55歳の時に末期胃癌が発見されました。
完全に手遅れの状態で、腹膜播種を来たしており、
膵尾部、食道に直接浸潤し、
さらに、腹大動脈周囲のリンパ節にも転移している末期の胃癌でした
組織も低分化型の性質の悪いガンでした
弟は来るべき葬儀のために白黒フィルムで病床の父の写真を撮りました

その年の9月に絶対非治癒切除手術を受けました
手術していただいた女子医大の主任教授から「その年の年内もたない」
と言われた状態でした。
「あとは、君が好きに治療しなさい」と言われました。

余命いくばくも無いことが医師であった私には分かっていましたので
QOLを下げる強い抗癌剤治療は行わず、
フルツロン少量+ピシバニール+レンチナン、及び
高度の貧血がありましたので、十全大補湯+山豆根粉末
を投与しました。
不思議なことが起こりました
術前、高値であったCEAがそれから25年間全く正常値でした。
しかし昨年12月に再上昇、
肝臓への多発転移が見つかりました。
昨年の11月に椎茸の榾木の準備や
大根の植え付けで体調を壊したようです。
手術から26年が経過した今年3月9日
午後3時3分、自宅で穏やかに他界しました。
享年83歳でした。


Minori Clinic医療法人さとし会

〒892-0817
鹿児島市小川町22‐6 2階
TEL 099-210-7890
FAX 電話でお問い合わせ下さい
Mail minori-clinic@nifty.com
 @を半角に直してご利用下さい